浄水器は一人暮らしでも用意したいアイテム

家族みんなが安全で美味しい水を飲めるように、自宅に浄水器を設置している人も多いのではないでしょうか。

ですが、一人暮らしの場合は、そこまでする必要はないと思う人もいるはずです。実際に浄水器を設置するとしたら本体などの初期費用もかかるだけでなく、維持するために定期的にカートリッジを変える必要もあります。自分一人のために、そこまでお金をかけるのをためらう人もいるでしょう。ですが、安全性だけを考えれば、たとえ一人暮らしだったとしても浄水器は用意したほうがいいアイテムです。日本は水道技術が発達しているため、水道水をそのまま飲むことができます。

しかし、安全性を考えるとそのまま飲むのは避けたほうがいいいと言えます。それは、日本の水道管が老朽化しているためです。日本の水道管は、高度経済成長期に作られたものがほとんどです。長年の使用で腐食し、サビや水道管の成分が水に混ざっていることがあります。もし、自分の家の水道管が老朽化していた場合、そのような不純物を含んだものを飲み水や料理に使ってしまうこともあるという事です。

それならミネラルウォーターを使おうと思うかもしれません。飲み水くらいならどうにかなりますが、料理や食器洗いにまでミネラルウォーターを使っていては費用がかさみます。それよりは、浄水器を使うのが現実的です。一人暮らしなら、蛇口直結型やポット型の浄水器がおすすめです。工事費用もかからず、賃貸住宅でも使うことができます。水道水特有のニオイもなくなるので、一人暮らしでも用意したいアイテムだと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *