浄水器を風呂場でも使って美肌を目指そう

浄水器を風呂場にも取り付けることは、美容に関心が高い人たちの間で話題になっています。

それは、水道水には残留塩素が含まれていることで、肌や髪のたんぱく質を酸化させてしまう作用があることがわかっているからです。入浴は毎日する習慣なので、水道水を使ったシャワーや入浴による肌や髪への影響は無視できません。また、残留塩素が入っている水道水をお湯にして入浴した場合は、肌のバリア機能を担っている脂質を溶かすことがあり、肌の乾燥が早くなるとも言われています。

浄水器には風呂に付けられるタイプの物があるため、入浴時の水道水に含まれる残留塩素を取り除きたい人は導入を考えてみましょう。その時に気を付けたいのは、普通の浄水器ではなく、風呂場に対応できるタイプを選ぶということです。給湯器で温めた高温のお湯を通しても大丈夫なタイプの浄水器なら、風呂場での使用に適しています。それから、どの位の水量を処理できるのかについてもチェックした方が良いでしょう。

今よりももっとキレイな肌や髪になりたい人は、浄水器を風呂でも使用することを考えてみてはいかがでしょうか。実際に浄水で髪を洗っている人には、水道水を使っていた時との違いをはっきりと感じているという人もいます。家族に小さなお子さんがいる場合にも、シャワーや入浴に使う水を変えることは安心して暮らせることにつながるのではないでしょうか。自分で取り付けが簡単にできるタイプも見つかるため、肌や髪に優しいお湯を使える浴室を実現することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *