浄水器をお風呂につけることにはメリットがあります

浄水器と聞くと、キッチンに設置するイメージが高いかもしれません。

キッチンで使う水は、料理に使ったり飲み水にしたりすることが多く、そのまま水道水を飲むことには抵抗がある人が多いので、多くの家庭で浄水器が使われています。しかし実は浄水器はキッチン以外にも、住宅の水回りの様々な場所に設置することができます。例えばお風呂のお湯やシャワーなどにも設置することができ、それに応じてメリットを得ることができるでしょう。一般的に水道水は、細菌の繁殖を防ぐために、残留塩素と呼ばれるものが含まれています。

これは安全な飲み水をそれぞれの家庭に届けるためにも、必要な処置と言えるでしょう。しかしこの残留塩素の特徴として、酸化作用があることが挙げられます。酸化作用があるということは、たんぱく質を原料にしてできている皮膚や髪の毛には、悪影響を与える可能性があるということです。人間の皮膚や髪の毛に酸化が起きると、肌本来が持っているバリア機能が低下して潤い不足を引き起こしたり、髪の毛が傷むことがあります。

お風呂のお湯やシャワーももちろんのこと、水道水なので残留塩素が含まれています。お風呂やシャワーに浄水器を設置することによって、これらの不純物をろ過することができるので、皮膚や髪の毛に対する刺激を軽減することにもつながるでしょう。特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の疾患を持っている場合には、お風呂やシャワーの際にピリピリとした痛みを感じる人も多いかもしれません。浄水器を利用することで、このような肌の刺激も和らぐ効果が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *