一人暮らしの生活必需品と浄水器

アパートで一人暮らしを始めるときには、まず生活必需品を買い揃える必要があります。

すぐに必要になるのが冷蔵庫や洗濯機、電子ジャーや電子レンジ、掃除機などの家電、ベッドや布団などの寝具、テーブルと椅子などの最低限の家具などです。これらはまず買い揃えなければなりません。その他、エアコンやテレビ、ソファーやカーペットなど必要に合わせて買い揃えていけば良いでしょう。一人暮らしで必要となる生活必需品の平均相場は20万円前後と言われています。次に快適な生活のために、インターネットができるようにプロバイダとの契約が必要です。

最近のアパートの多くは、個人的にプロバイダ契約しなくても、アパートがプロバイダと契約しているので手続きは簡単でしょう。個人的に契約したい場合は、ポケットWi-fiが工事が必要なくどこにでも持ち運べるので便利です。さらに、健康のために浄水器の設置をおすすめします。アパートによっては、キッチンの蛇口に初めから浄水器が設置されている場合もあります。

自分で好きな浄水器を選ぶことができない問題はありますが、自分で購入したり設置したりするのが面倒な方は、それを使うと良いでしょう。フィルターだけ定期的に購入することになります。アパートに設置されていない場合は、自分で購入する必要がありますが、蛇口に設置するのが難しそうであれば、ポットタイプがおすすめです。一人暮らしをスタートするにあたって、すべてのものを一気に買い揃えるのは大変なので、優先順位の高いものから買っていくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *