浄水器の選び方はランニングコストも大切

水道水をおいしくできて気になる有害物質も取り除ける浄水器は、便利なアイテムです。しかし多くの商品が販売されているため、その中から良いものを選ばなくてはならないのは大変です。初期費用がかかっても浄水能力の高いものを選びたいとか、とにかく安く使えるものを選びたいなど、選び方でこだわる部分は人それぞれですが、浄水器を使い続けるのであればランニングコストも選び方のポイントになります。浄水器のランニングコストは、主にカートリッジの値段で決まります。

浄水器はカートリッジのフィルターが不純物を取り除くことで水をきれいにするのですが、そのままだと機能が落ちていき、雑菌の繁殖で不衛生になりかねないので、定期的に交換が必要です。カートリッジの交換頻度と価格は商品によって異なるため、事前に確認してランニングコストを計算する必要があります。傾向としては、安価でコンパクトな蛇口直結型はカートリッジの容量も小さいので2~4ヶ月ごとの交換が必要で、高価なものの浄化装置が大きい据え置き型は1年に1回程度の交換で済むものが多くなっています。本体価格が安くてもカートリッジの価格が高めで費用がかさむという場合もあるので、事前の確認は欠かせません。

また、交換が頻繁に必要だと手間がかかり面倒になるという可能性もあるため、多少本体が高めでもカートリッジの寿命が長いものにしておくというのも、浄水器を快適に使うための選び方の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *