子供用のGPSを比較したい時に最初に注目すべきなのは料金です。料金には買取型と本体料金プラス月額料金がかかるタイプとがあり、買取型では利用期間が定められています。定められた期間内であれば月額料金もかからず使い放題です。ただし、途中の解約ができませんので、長く使うことが決まっているケースに向いています。

それに対し、本体料金プラス月額料金がかかる場合には、月額料金の方がどこでも差がないのですが、本体料金で大きな違いが出ます。非常に高額な機種もあるため、機能面も考慮しながら本体価格を比較することが大切です。頻繁に充電しないとバッテリーが切れてしまうような機種にすると、子供には使い勝手が悪いかもしれません。充電をし忘れて使えない日が出る恐れもありますので、できるだけバッテリーの持ち時間が長いものを選ぶのが得策です。

子供用のGPSは動きを察知して位置情報をやり取りしますので、たくさん動き回る子供の場合には電池のもちが短くなるかもしれません。バッテリー容量が大きいと本体が大きくなって持ち歩くのに負担になるのではないかと不安を持つ保護者もいますが、最近のものは小型化されていますので問題はありません。GPSと保護者のスマートフォンとで連絡を取ることができるのかも重要なポイントです。位置情報を確認するだけのものや本体のボタンを押すことで通知がいくもの、双方向に連絡できるものがありますが、双方向のものがもっとも使いやすいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です