幼児教育というと、幼稚園時代から幼児教室に通ったりお受験対策の塾に通ったりということを考えがちですが、幼児教育は生まれた時から始めるのが一番効果的です。とはいえ、生後間もない乳児にアルファベットやマナーを教えるということはナンセンスです。幼児教育は、子供本人の素質や努力はもちろん必要ですが、親としてできることを最大限に発揮することが、その後の教育というものの基盤を作る際に重要になってきます。赤ちゃんでも脳は目覚ましい速さでいろいろなものを吸収しています。

特に言語は言葉のシャワーとなって脳に刺激を与えます。CDなどを聞かせるよりも母親が絶えず赤ちゃんに話しかけることが最も有効だといわれています。まだ言葉がわからないということは考えずに、積極的に会話や読み聞かせを楽しみましょう。また、母親はもちろん、家族の言葉遣いにも注意を払いましょう。

汚い言葉や言い回しは後から矯正しようとしても難しいものです。生活習慣やマナーは親の行動がそのまま子供に反映されるものです。親自体がしっかりとした自覚をもって規律正しい生活を送ることが、子供にとって無理なく獲得できる方法になります。自然に身についた習慣は、ぶれることなく作り物のような違和感を感じさせません。

早く身につけば身につくほどそれは自然なこととなり、子供に新たに学ばせるという手間が省けますので、親子ともども負担が少なくなります。幼児教育は勉強などの知能よりも可能性や人格がポイントになります。そう言ったものを伸ばす時間を豊富に作るためにはできることを今すぐに始めることが大切です。おもちゃのサブスクのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です