幼児教育とは、小学校就学前の幼児に対して行われる教育全般を指して言われます。幼稚園での教育、保育園での教育はもちろん、家庭や地域社会で行われる幼児に対する教育すべてが関係しています。子どもが成長を大きく感じさせる時期でもあるため、子どもの可能性を広げる、または才能を伸ばそうと、多くの親は子供に早くからの知的教育や、芸術面、情緒面、体育面での習い事をさせることに心とお金を傾ける傾向があります。受験の対策を始める場合もあります。

しかし、幼児教育の大切さはそれだけではありません。幼児期は、生涯にわたる人格形成の基盤を作る重要な時期です。家庭生活や遊びといった多くの体験を通して、情緒や知的な発達をはぐくむことが大切です。また、地域社会とのかかわりは、様々な人との交流をとおして社会性を身に着ける機会になります。

そのため、幼児期に豊かな経験を十分にしておくことは、将来充実した生活を送ることができるかどうかにかかわることになるのです。幼児教育は、その子供が、その後の人間としての生き方を左右する重要なものです。知育や習い事も子供の適性を見る面で大切なことです。しかしそれに偏ることなく、普段の遊びや家庭でのしつけなど様々な経験を通して学ぶことも多くあるという点を大人はよく考えて、子供の教育に携わる必要があります。

親、地域、教育機関がそれぞれの役割を果たしながらバランスと連携を取ってはじめて幼児教育が成り立つのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です