人は教育を受けなければならない唯一の存在であるという言葉を残した教育家がいます。教育というのは、人が人として生きる、生活をするという点で必要不可欠なものです。この教育の中でも、幼児教育は今後子どもが小学校、中学校、高校、大学、社会人というように成長していく中で重要な位置を占めるものではないでしょうか。幼児教育は、その言葉のとおり、幼児に対する教育をさします。

幼児教育は、幼稚園や保育園、こども園のような場所での教育だけでなく、自宅での保護者からの教育というものも入ります。なぜ、幼児教育は大切なものなのか。それは、子どものころから生活をするための基礎を築くものであり、また、よいことはよい・悪いことは悪いというような人としての善悪であったりを学ぶ機会です。このような教育をする機会がなければ、大人になってもどのように生きていくのかわからないし、ものごとの善悪がわからなければ、自分だけでなく周りの人のことをも傷つけてしまう可能性があります。

幼児教育は、幼稚園・保育園などで同世代の子どもと触れ合うことによって人とのつながりを学んだり、家庭ではよいことはよい、悪いことは悪いという基本的なルールを教えたり、良いことをしたらほめ、悪いことをしたらきちんと叱るといったことができます。子どもの未来を決めるのは、その子ども自身だけでなく周囲の大人の力もとても大切です。大人がしっかりとした姿勢を子どもに見せることによって、子どもがより良い未来に進んでいけるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です